いのちゆらがせる滞在プラン vol,03

動と静で

いのちゆらがせる

高鷲・Orkひるがの

 高鷲町は、東には鷲ヶ岳、西には大日ヶ岳がそびえる山あいの里だ。大日ケ岳は高山市と郡上市にまたがる標高一七〇九mの山で、大日ケ岳から流れ出した水は、長良川となって太平洋へ注ぎ込むか、庄川となって日本海へと注ぎ込む。その分岐点(いわゆる分水嶺)となる場所が、高鷲町ひるがのだ。自然豊かなひるがのの中でも、ナラの木の原生林に囲まれ、源流のすぐそばという森の中でありながら、高速を降りて五分という便利な場所に、Orkひるがのはある。貸別荘を中心に、日帰りでも楽しめるよう、BBQ、釣り堀、カフェなども併設されており、バギーやセグウエィなどに乗りながら大自然の中を周遊できる『アドベンチャー』も人気だ。
 Orkひるがのの支配人・高橋椎太さんは、岐阜県美濃市の出身。スポーツ一筋で、二十六歳のときにヒマラヤスポーツとスキーのプロ契約を結び、岐阜市内の店舗にたちつつ、スキーを続けていた。三十二歳のとき、生活の拠点を高鷲にうつしたいと友人に相談すると、誘われるかたちでOrkのメンバーとなった。

プランの写真1

当時まだOrkは発展途上の施設。高橋さんが合流してから、キャンプ場やセグウェイなどのアドベンチャーも整備されたという。高鷲は源流域にあるため、川の水量が少なく、全体的に水もののアクティビティが弱い。そんな中で、愛知から1時間という距離を踏まえ、手ぶらで参加でき、疲れにくく、誰でも自然を楽しめるコンテンツということで、セグウェイとバギーを活用したツアーを取り入れている。
 今年四十歳になる高橋さんの目標は、「自然をテーマに遊びを提供できる後進を育てる」こと。Orkには十五名ほどのスタッフが常駐し接客にあたっているが、二十代、三十代が中心となるため、まずは高鷲の歴史や文化、自然について知り、楽しんでもらうことで学んでほしい、という思いから積極的に遊びに巻き込み、スタッフみんなでキャンプや釣り、BBQ、はたまた、映画を見に行く(!)なんてことをするほど、仲はいいと言う。

プランの写真2-1 プランの写真2-2

「Orkは、一泊では短い。もともと、長期滞在向きなんですよね。一棟貸し出しなので、家族でも、グループでも、カップルでも楽しめる。一人でゆっくりというより、みんなでいろんな体験をする拠点としてつかってほしい。そっちのほうが想い出にのこりますし」。
 今回は、ショートステイでは表現できない自然との遊び方を、高橋さんから直接教えてもらえる機会が組み込まれている。「宿泊施設として泊まるだけだと、お客さんと接点がないのでなかなかお話することができない。僕が直接エスコートして、濃厚な体験ができる、というところが一番のおすすめポイントじゃないかな(笑)」。
 そんな高橋さんの趣味は、外あそび全般。最近一番ハマっていることは、未知の源流を探しにいくこと。「孤高に生きてないので、みんなでわいわいが楽しいタイプ。気の合う仲間と、釣りざおを持って沢を登るのが楽しい。源流にはでかい岩魚がいて、そいつと出会いたいから源流に通っています」。魚との勝負が目的なので、釣ったら必ずリリースする。
 「沢が好き。電波もない、水はきれい、空気は美味しい。なんもいらん、ってなりますよ。誰も知らないポイントとかも知ってるので、そういうところも紹介できる。虫とか気にしないひとで、自然を身近に感じたい人にはぜひきてほしいです(笑)」。

プランの写真4 プランの写真5

Theme

アウトドアフィールドを身体全体で感じる

 源流域の川と原生林の森を五感で感じるプランです。家族と、友人と、職場の仲間と。手ぶらで手軽に体験できるアクティビティが充実しているので、体力に自身のない女性や高齢の方、お子さまにも楽しんでいただけます。

滞在イメージ

滞在プランごとに体験していただきたい「いのちのゆらぎ」を設定し、スケジュールに落とし込みました。
滞在される方の状況や季節、希望などにも左右されるので、あくまで一例となりますが、
具体的な過ごし方のイメージをお伝えします。

日程の図

プラン情報

滞在日数

2泊3日

金 額

39,800円-

提供時期

4月〜11月

含まれるもの

波線

宿泊(キッチン付き貸別荘)、食事(朝2・昼1)、鶏ちゃんセット×1、セグウェイでのネイチャー・ツアー(2時間)×1、ネイチャー・ワークショップ(1時間)×1、バギー・ツアー(1時間)×1

注意事項

波線

・予約は2名以上から受け付けます
・自然が豊かなので虫が出ます
・名古屋などと比べ、気温が6-7℃低いため、上着をご用意ください
・動きやすい服装でお越しください

波

重点をおく心得

「神経を覚醒させるあそびをする」こと。

「汗をかき、よく眠り、食べすぎない」こと。

「予想外と予定外こそ楽しむ」こと。

「スマホを置く」こと。

「水に触れる」こと。

「天気や、山や川にあわせて過ごす」こと。

「孤独になる」こと。

「土地のひとに話しかける」こと。

「心の声に耳を傾ける」こと。

「一度は川や山にどっぷり入り、土地の起伏感を身体に刻みこんで帰る」こと。

こり固まったら、またこいよ。

プラン提案者

プラン提案者の写真

高橋 椎太 (たかはし・しいた)

岐阜県美濃市の出身。高校時代は岐阜県の陸上の県代表に選ばれながら、大学時代にフリースタイルのスキーに転向。卒業後、大手のアパレルメーカーに就職するが、大量に安く販売するというビジネスのあり方に疑問を持ち、半年で離脱。雪山に籠り、夏はスキーの練習とバイト、冬はスキーに明け暮れた。高鷲の友人に誘われるかたちでOrkひるがののメンバーとなった。現在、支配人。

宿について

宿

Orkひるがの

Google Map

0575-73-2425

公式サイト

ウッドコテージスタイルの貸別荘に宿泊できる、アウトドアリゾート。敷地内には、宿泊者以外でも利用できる森のテラス「ORK PARK」、ウッドデッキのBBQ会場やオープンカフェがあり、若い人を中心ににぎわっている。高原をバギーやセグウェイで駆け抜ける「ORK ADVENTURE」ツアーも人気。

【設備】Wi-Fi(平日日中/上り330Mbps程度)、コンセント、ディスプレイ(液晶)、プロジェクター/スクリーン、延長コード、お茶・コーヒー、 釣り堀、オープンスペース

【清流info】鷲見川の支流まで徒歩3分

このプランを予約する